日本語パートナーズへの応募を決心。

私は先日、日本語パートナーズの面接を受けてきました。

合格後の生活を想像してワクワクしたり。
不合格だった場合のメンタルケアにソワソワしたり。
そんな今の心境を忘れてはいけないという思いで、書き残しておくことにしました。

応募から面接に至るまでに、様々な難所があり…。
ひとつづつ乗り越えてきましたが、やっと最終関門にたどり着いたといったところです。

私が”日本語パートナーズ”の事業を知ったのは約3ヶ月前で、
東南アジアへの移住を検討していた時でした。

当時の私は、東南アジアでの就職先を探していて、
様々なサイトを訪れていましたが、多くの求人が下記のようなものでした。

「コールセンター(受電or架電)」
「日本語・英語での営業」
「現地語での営業」

いずれも、私にはピンときませんでした。
日本語での営業や架電のコールセンターは日本でやったほうが稼げるし、
受電は月収5〜8万円程度で、ちょっとキツそう。
そして、英語も現地語も出来ない。

そんな中で出会ったのが、日本語パートナーズでした。

これは、東南アジアへ日本語講師のサポーターとして派遣をされる事業で、
国際交流基金が運営をしています。

私は「これだっ!!」と思いました。

大学時代から日本語に興味があり、
主専攻は”日本語コミュニケーション”だった私にとっては運命の出会いだったんです。

そこからは、日本語パートナーズに夢中です(笑)

第一関門:応募の際の書類集め

日本語パートナーズに応募するために書類を集め始めたのは、
この事業を見つけた直後でした。

何と言っても、時間がなかったのです。

私は東南アジアの中でもタイが大好き!!
そして、この時ちょうど募集していたのが、
「タイ8期/ミャンマー6期/インドネシア13期/ラオス5期」だったんです。

すでに日本語パートナーズの説明会もすべて終了し、締め切りまで1ヶ月を切っていました。

【1次選考の提出書類】
・応募用紙一式
・最終学歴の卒業証明書または修了証明書1通
注:卒業証書または修了証書は不可。
・在職証明書1通
・推薦状1通
注:在職証明書を提出できない場合は、推薦状を2通提出。
(異なる推薦者からそれぞれ1通)

卒業証明書または終了証明書って、
学校に連絡してからどれくらい時間がかかるんだろう?って。

そして、私は移住する気満々だったので、この時すでに退職していて、
推薦状を2通出さなきゃいけなくて…。(笑)

誰に頼めばいい?
あまりに忙しそうな人は申し訳ないし…。
自分をよく知る人にお願いしたい…。

それも2通!!

でもね、その話をいろんなところでしてたんですよ。
そしたら、私が書いてあげるよ!しょーがねぇな俺が書いてやるよ!
って人たちが現れたんですToT

ありがとうございます。
この恩は必ず返さなくてはと思っています。

書いてくれたのは、大学時代からの友達と、学生時代のバイト先の店長でした。

結果はメールで送られてきます。

書類締め切りから15日後。
「一次選考結果について」というメールが到着。

実は私、この時、不合格だと思っていたんです。

書類提出をしてから、時間にも心にも少し余裕ができたので、
口コミだったり体験談だったり、
実際に派遣されたパートナーズのみなさんのブログを見たりしていたんです。

そしたら「最低でも4年制大学卒業以上じゃないと難しい」なんて書かれていたんです。

t.ayaka
はぁ。ここでも短期大学は足切りに使われてしまうんだ。
短期大学進学はやっぱり人生の可能性を狭めてしまう選択だったんだ。

就活の時も”短期大学”を理由に断られた経験があったので、
こんなに素晴らしい事業、たしかに大卒じゃなきゃ受からないよなって思いました。

でも、メールを開いてみたら、
そこには「第1次選考を通過しました」の文字がーーーーーーーーっ。

日本語パートナーズは短期大学を足切りに使わなかった。
それがとっても嬉しかったです。

そして、私が合格できたのは、友達や店長が、
素晴らしい推薦状を書いてくれたおかげではないかと、
多方面に対して感謝の気持ちが溢れました。

本当に嬉しかったです…。

第二関門:1次選考通過後の提出書類集め

第1次選考通過後、3種類の書類を国際交流基金へ送付します。

締め切りは3週間後。
締め切りに間に合わなかった場合、その時点で選考終了とのことでした。

2次選考へ向けての提出書類
・健康診断個人票
・健康自己申告書
和文・英文履歴書

”健康診断個人票”は医療機関で健康診断を受けて、
医師に記入してもらわなくてはいけません。

医療機関によっては、受診から結果受取りまでに1週間ほどかかる場合があります。
はやく健康診断を受けなくては!!

そして、見逃せないのが英文履歴書!!!
これは盲点…。

私は英語をほとんど話すことができません。
中学生レベルもないかもしれません。

英文履歴書作成には、長時間かかることが想定できました。

3週間でできるかな…と不安になりました。

そんなことを嘆いていると、またしても助けの手が…!
ベトナムで働いている友人が、英語の履歴書チェックをしてくれるとのこと。

友人の助けがあって、ギリギリ英文履歴書を完成させることができました。

英文履歴書は、現地政府に提出する書類だそうで、
正確さが求められます。

……ん?
チョット待って。

t.ayaka
この時点で現地政府に提出する書類を求められるってことは
これはもう、ほぼ採用なんじゃない!?

なーんて思っていたわけです。
実にのんきですね(笑)

最終関門:第2次選考〜集団面接〜

もう、ドキドキです。
過去のどんな面接、どんなオーディション、どんな仕事よりも緊張しました。

でも、過去の緊張とはちょっと違ったんです。
いつもは緊張すると口から心臓がでそうになるのですが、
今回はそんなことはなかった。

心のどこかに自信があったこと。
そして、ここまで力を貸してくれた人たちのパワーが、
私を支えてくれていたように思います。

1次の結果が出てから面接までの36日間、対策もしっかりしました。

そして当日。
東京の面接会場の近くに、BURGER KINGがあったので、
一時間前ほど前からコーラ片手に、
顔の筋肉をほぐしたり、面接対策シートを読み返したりして過ごしました。

思い残すことはない!これで大丈夫!
そう思って面接に臨んだのですが、やっぱり完璧なんていうことはないんですよね。

想定していた質問内容と、実際の質問内容がほとんど違っていたんです。

ネット上に上がっていた沢山の情報、経験談を元に質問内容を想定していたのですが、
やはり一定期間おきに質問内容を一掃しているのでしょうか。

私が想定していた質問と一致していたのは、
”タイに派遣されたい理由””タイの好きなところ”のみでした。

私の経験談としてお伝えできることは、
「基礎的な質問に力を入れて対策を練った方が良い」ということのみです。

面接を終えた今、思うこと。

ここからは、完全に私の備忘録です。
「へぇ〜、そう。」くらいの気持ちで読んでいただけると幸いです(笑)

今回の日本語パートナーズへの挑戦を機に、
やっぱり私は東南アジアが好きで、何か地域に密着したことがしたいんだと思いました。

その中でも、日本語に関わること。
これを生涯の中でやりたい!そう思いました。

特段長所の無い私ですが、周りの力を借りながらここまで選考を進むことができました。
支えてくれた人たちには感謝しかありません。

2019年11月24日現在。
まだ選考結果は出ていません。

「ここで落ちるかもしれない。
また一からやり直しかもしれない。」

なんていうネガティブな自分。

「こんなにラッキーな私だ!合格に決まってる!
現地では日本のどんな文化を紹介しよう?
生徒のみんなから”Ayaka先生”なんて呼ばれて大人気になっちゃったらどうしよう///」

なんていう超ポジティブな自分。
できればポジティブな自分を信じたいですね。

私が行かなければ誰が行くんだ!!!!って。
今思えば、人生で最も成し遂げたいことのひとつに”日本語パートナーズ”が挙げられるな〜。

こんなに行きたいんだ!
私は絶対役に立てる!

この想いが面接官の皆さんに伝わっているといいなぁと願いながら、
1〜2週間後の結果発表メールを待ちたいと思います。

採用を信じて、様々なことに挑戦。

ポジティブな方の自分の気持ちに身を任せ、
この3ヶ月で様々なことに挑戦し始めました。

中にはお金がかかって大変なこともあるけれど、
今後の人生で絶対に役立つと信じて突き進んでいます。

日本語講師養成講座の受講スタート!

”短期大学卒業だと、日本語パートナーズに受からない”
っていう記事を見た後、すぐに行動に移しました。

というのも、講座修了+日本語教育能力検定試験に合格することで、
日本語教育界における立場が、4年制大学卒業者と並ぶのです。

これはお金がかかっても受けるべきだと思い、
借金をすることにはなりましたが、日本語講師養成講座を受講しています。

立場が並ぶという理由で受講を開始しましたが、
これに関しては、受講開始をして本当によかったと思っています。

日本語の歴史や日本語学習者がどこでつまずくのかなど、
とてもためになる、興味深い講座が盛りだくさんだからです。

飲み会で”話のタネ”になるような、豆知識も着々と蓄え中です〜◎

日本文化の撮影

派遣先の学生に見せようと、
最も身近な日本文化である”祭り”の写真や動画を撮り貯めています。

例えばこんな写真
↓↓↓
↖︎これ、私^^
 

これはレア儀式の”天皇陛下御即位”の時。
皇居で行われた、奉祝パレードの写真です。

タイでは国王を崇拝する文化があるので、
日本のこういったものを学生たちが見た時、どんな反応をするんでしょうね?

楽しみです。

日本の伝統文化のひとつ、水引をマスター。

今まで、やったこともなかったんですけどね。
タイの学生は器用かつオシャレさんが多いと聞いたので、
きっと気に入ってくれると思います。

水引も奥が深くて、やり始めると面白いんです!
ころころまあるく作った水引は1〜2個を黒ピン・アメピンにつけると
即席かんざしのような可愛いアクセサリーになりますし、
授業中にワークショップをしてみてはどうかな?なんて妄想中…。

紅白の色合いで作ると、グッと和テイストな仕上がりになりますね◎

つまみ細工に挑戦!しようと思っている。

こちらも、日本を感じる工芸品のひとつ。
つまみ細工の職人さんは全国で10名ほどしかいないそうです。

日本国内でも見られなくなる日が来るかもしれません。
そうならないためにも、ここで私もチャレンジします!!(宣言)

t.ayaka
ブローチにしたりして、制服の胸元につけたら可愛いだろうなぁ。

ただこれ、結構根気がいるようで…。
正確さも求められるようで…。

B型の私。
さて、できるでしょうか!!

タイ語学習

タイが第一志望の私は、一足早くタイ語学習をはじめてみました。

とはいっても、YouTubeで学習チャンネルを見たり、
Webで表現の仕方を検索したり、
タイ語を発信している人のTwitterをフォローしたり…ですが。

正式に合格したら、テキストも買って本腰を入れようと思います。

タイは大好きな国の1つなので、今後も役に立つこと間違いありません◎

早く私を派遣してください!!!

海外に興味があって、日本文化を広めたい!
っていう人たちは”茶道”や”華道”ができる人も多いと思います。(実は私もできる)

そこから頭一つでて、選んでもらうためには、
プラスαで日本文化のことを身につけられたら最高なのではないでしょうか。

そんな想いで、結果発表の時を待っています。

今回不合格でも、今後必ず合格する。
それまで日本語パートナーズへ、アピールし続けます。

必ず派遣される時が来る。
そう強く信じています。

日本語パートナーズ/1次選考を通過し、2次選考の面接へ。対策アレコレ。

2019-12-04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

トートバッグでアジアを旅している人です。 月1旅行を目標に生活しています。 ◆最も好きな国「Thailand」 ◆一度は行って欲しい国「Laos」 都内在住のただの若者が 東京から旅を発信します!!