旅好き女子の皆さん、
こんな悩みはありませんか?

  • 硬水のせいで髪の毛バリバリ
  • 湯船に浸かれないから浮腫む
  • 日焼けが気になる
  • 気候の変化で肌が安定しない

旅行を始めたばかりの私は、
全部当てはまっていました。

女子にとってお風呂の時間は
とっても大事!

でも、旅行先でしっかり時間を取るのは
難しかったりしますよね…。

そこで、
いろんな便利グッズを試してみましたので、
最も効果的だったグッズと入浴法をご紹介します。

それでは!

旅先で短時間&簡単にできる、
お風呂ルーティンをどうぞっ🛁

お風呂に入るその前に

〈直前routine〉
部屋のクーラーを消す→髪とかす→クレンジング

お風呂といっても、
バスタブがなくシャワーのみの
ホテルが多いので、
事前にやれることはやっておくのがポイント。

髪をとかしておくことで、
余分な汚れや絡まりがなくなり、
スムーズにシャンプーすることができます。

そして、個人的には海外の水(硬水)は
髪の毛へのダメージが大きい気がしているので、
長く浴びたくない。

あとお湯が緩くて寒い時がある。

寒いのが苦手なので
お風呂の前にクーラーは消しておきます。

クレンジングを先に済ませるのは、
体にクレンジングが
付かないようにするため。

バスタブにつかれる場合は
綺麗に落ちるような気がするのですが、
そうではない場合、
時短も兼ねて先にクレンジングを済ませます。

シャンプー選びは慎重に

  1. ホテルのアメニティを使う
  2. いつものシャンプーを家から持ってくる
  3. 現地調達

私はホテルのグレードによって
アメニティのシャンプーを
使うか使わないか考えます。笑

もちろん、
ハイブランドだったり
安心なブランド(?)だったら
付属のアメニティを使います。

海外は水が違うので、
いつも使っているシャンプーでも
仕上がりが全く違うことがあります。

そこで私がオススメするのは
現地のスーパーで安く買う」ことです。

よく見てください。

現地の女性の髪の毛、
ツルツル・ツヤツヤですよね?

ということは、
現地のシャンプー/トリートメントは
硬水との相性バッチリ◎(勝手な判断)

ただ、これは野生の勘で選ぶしかなくて。笑

t.ayaka
シャンプーを選ぶポイントは安い&容量少なめがポイント!

多くの方が1週間以内の滞在だと思います。

そのため、
量は少なくてOK。

そして、アジアの場合は物価が安いので、
日本の感覚的に激安でやばそうな感じでも、
案外大丈夫です。

香りがしっかり残る
シャンプーが多いのも、
お気に入りの理由の1つ。

いろんなシャンプーに
チャレンジしてみてください◎

体を洗うタオルのすゝめ

これは、本記事イチオシの商品(?)
ガーゼ手ぬぐい

普通の手ぬぐいだとちょっと硬くて
肌が傷付いてしまったりするのだけど(敏感すぎないか?)
このガーゼ手ぬぐいは
まったくその心配なし!

赤ちゃんにも使えちゃう。

そして、
普通の手ぬぐいよりも
泡立ちやすい。

これがおすすめな理由を
下記にまとめてみました。

  • 肌に優しい
  • 泡立ちやすい
  • 速乾
  • 薄い
  • 軽い
  • 可愛い
  • 他にも使い方がたくさん

はい。

手ぬぐいって、
日本人が昔から使い続けているだけあって、
ほんとうに便利。

夜お風呂に入って、
乾かしておけば朝には乾いてます。

そして、色んな柄があって、
選ぶのが楽しい!

そして、そして。

旅先で枕カバーの代わりに使ったり、
ちょっと寒い時に首に巻いたりできる。

クーラーガンガンの
東南アジア旅の強い味方です。

アウトバス商品に注目

①髪の毛バリバリの救世主

ここでは2つの
アウトバストリートメントをご紹介します。

まず1つ目は
「ellipsエリップス 」

こちらはバリ島土産としても人気の高い、
小分けのヘアオイルです。

ベタベタしないオイルが特徴的で、
使う時に開封するからいつでも新鮮。

ネットからも購入できます◎

2つ目はミルボンのヘアオイル
「エルジューダ」

これは、一切の髪の痛みを感じさせない、
さらっさらな髪へ導いてくれます。

MILBON ミルボン エルジューダ MO 120mL (ヘアトリートメント)(デザインベースオイル)

その効果は、
海外在住の日本人の方が
「このオイルを切らしたことで偉大さに気付いた」と
ツイートしてしまうほど。

②女子旅の敵”日焼け”

今回はお風呂上がりの
ルーティンということで、
まずご紹介するのは
日焼け止めではありません!!

アウトバス用品の1つ、
「アロエジェル」

私が使っているのはこちら↓↓↓

スーッと馴染んで
ぷるぷるサラサラな塗り心地が、
とても気に入っています。

日焼け止めを塗っていても
多少は焼けてしまうので、
1日の終わりに鎮静させましょう。

そもそも日焼けしないためには
日焼け止めを数時間に一度塗り直したり、
日陰を歩いたりすべきなのですが、
旅先ではそんなことを気にせず
観光したいですよね?

そんな方には、
のむ日焼け止めをおすすめします。

様々な口コミを調べた中で
こちらの商品はかなり優秀。

浮腫みには◯◯◯◯◯◯◯!

メディキュット。

結局これが価格と効果の
費用対効果がよい◎

疲れた足につけて寝るだけでも
翌朝スッキリする気がするのですが、
効果を最大限に発揮させるなら、
軽く足をマッサージしてから履くと◎

ふくらはぎを10回ほど揉むだけでOK。
ズボラの味方♡

私がオススメするのは
このタイプのメディキュット。

寝ながらメディキュット ロング M(1足)【メディキュット(QttO)】[着圧ソックス ドクターショール かかと]

created by Rinker

つま先が開いているので、
窮屈感も少なく、蒸れない!

足が軽いだけで旅は3倍楽しくなります。

持ってって!!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

旅行先でも疲れを感じることなく、
リフレッシュするには
バスタイムがとっても重要です。

t.ayaka
たくさん写真を撮る女子旅なのに、髪がうまくまとまらない…とか萎えるから!

今回紹介したものは、
トートバッグで旅する私でも
かさばることなく持ち運べています。

気軽に持ち運べるものばかりなので、
少しでも参考になれば嬉しいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

トートバッグでアジアを旅している人です。 月1旅行を目標に生活しています。 ◆最も好きな国「Thailand」 ◆一度は行って欲しい国「Laos」 都内在住のただの若者が 東京から旅を発信します!!