日本には無い文化を体験するのって、
とても刺激的ですよね。

でも、
日本での常識は異国での非常識に
なってしまうこともあるんです。

正しく寺院巡りをするために、
事前に情報収集をしておきましょう!

心得その①服装は肌の露出が少ないものを

基本的には肌の露出がNGです。

男女問わず、
短パン・ノースリーブは避けましょう。
こんな私の服装はNGです。

左の友達の服装であれば
OKな場合が多いです。

これも、宗派によって異なるのですが…。
(ヒンドゥ系の場合髪の毛まで
隠さなくてはいけなかったり!)

寺院内は裸足(靴下も無し)で
回る場合もあります。

ビーチサンダルなどの
脱ぎやすく安価な靴がおすすめ!

【例えばこんなもの】

心得その②男女差別(区別)への理解

東南アジアでは
まだまだ色濃く残っているのが
男女差別です。

男性は肌を出してもいいけど、女性はダメ🧕とか。
ここから先は男性しか入れません🙅‍♀️とか。

こればかりは仕方がない事なので、
そのルールに従いましょう。

日本が女性進出の
進んでいる国であることに気付かされますね。

心得その③敬意を払って参拝を

私たちにとっては観光地でも、
現地の方にとってはとても神聖な場所です。

馬鹿騒ぎしたり、
周りに配慮せずに写真を
撮りまくったりすることはマナー違反。

t.ayaka
せっかく神聖な場所に足を踏み入れる訳ですから、
事前に参拝方法を調べてから行っても良いかもしれませんね!

心得その④悪質ガイドに注意

人気の寺院にはほぼ必ず
現地ガイドがいます。

ボランティアでガイドを
やられている方もいますし、
全員が悪質と言うわけではないんですよ!

しかし、私の大好きな寺院の1つ
『ワットパクナム』では入場料無料にも関わらず、
「参拝料」としてお金を要求してくる
ガイドが多発しているそうです。

そんな悲しいことに
巻き込まれない様にガイド選びは慎重に行いましょう。



心得その⑤お土産屋のおばちゃんに流されてみよう

人気の寺院にはほぼ100%
お土産屋の名物おばちゃんがいます。笑

言葉巧みにお土産を売りつけてくるので、
流れに身を任せて、
必要であれば購入しましょう。

お供え物が売っていたりもします。
参拝前にも少し覗いてみましょう!

心得その⑥タクシー事情にも注意が必要

観光地周辺で、流しのタクシーを捕まえると、
ぼったくられる可能性が高まります。

そんな時はGrabタクシーです!
アプリで簡単にタクシーが呼べちゃいます。

乗車前に、目的地までの乗車料金がわかるので、
ぼったくりの心配はありません。

さらに、乗車中も行き先までの道のりを
アプリで見ることができるので、
危険な目にあう可能性も低いです。

女子旅・一人旅の強い味方です。

今度Grabタクシーについても記事にします。

心得その⑦絶対持って行くべきもの

持って行くべきものリスト
  1. ウェットティッシュ
  2. スカーフ
  3. 少額のお金

①ウェットティッシュ

裸足で寺院の中を歩き回ることがあるので、
足の裏が真っ黒になります。

私はサンダルが汚れるのが嫌なので、
寺院を出るときに足の裏を拭くために
持ち歩いています。

ウェットティッシュはこれ以外にも、
食事前に手を拭いたり、
ベンチが汚れていたら吹いて座ったり、
他にも様々な場面で役に立ちます。

LION ライオン キレイキレイ99.99%除菌シート30枚

②スカーフ

夏の暑い時期などに
長袖を着て観光するのは大変です。

そんな時でも肌の露出は
出来るだけ少なくしたいので、
半袖にスカーフを巻いて
寺院へ行くことがあります。

また、ヒンドゥ系の
モスクなどへ行く際は
頭に巻いて髪や首元を隠すことができます。

③少額のお金

これはチップ用です。
わからない土地で何かと
助けてもらうことがあったり、
写真を撮ってもらったらチップを求められたり……
なんてことがあります。

そんな時に大きい金額しかないと、
泣く泣く渡さなくてはいけなくなります。

自分のお財布に
痛くないくらいの少額紙幣などを
持ち歩くことをお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どんな寺院にどの季節に行くかによっても
持ち物は変わってきます。

このほかにも
「こんなものを持って行ったら便利だった!」
なんてものがあったら
コメント欄で教えてください◎

この記事が少しでも役に立ったら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

トートバッグでアジアを旅している人です。 月1旅行を目標に生活しています。 ◆最も好きな国「Thailand」 ◆一度は行って欲しい国「Laos」 都内在住のただの若者が 東京から旅を発信します!!