ジャグアとヘナの違いってなに?

「ジャグア」と「ヘナ」の違いが分からない人
ジャグアとヘナってぶっちゃけ何が違うんですか?
痛くないんでしょうか…
ほんとに消えるんでしょうか……。
興味はあるのですが、
どっちの方がメリットが多いのか教えてください。
t.ayaka
この記事では、このような疑問に答えたいと思います。

◆本記事の内容

  1. ヘナタトゥーとは
  2. ジャグアタトゥーとは
  3. どれくらいで消える?
  4. 材料の安全性について
  5. 価格比較
  6. 都内でタトゥーができるサロン
  7. セルフタトゥー

◆この記事の信憑性

東南アジアでは、
路面店やビーチでヘナタトゥーを
施術していることがあります。

 

View this post on Instagram

 

#henna #tattoo #hennatattoo #✒️ #Singapore #🇸🇬 #arbst

t.ayakaさん(@t.ayaka_official)がシェアした投稿 –

私は、過去に何度も施術を受けたことがあり、
その度に路面店のおじちゃんに
原料の安全性やヘナタトゥーの扱い方の
説明を受けています。

そして、今回東京で初めての
ジャグアタトゥーに挑戦しました。

身をもって体験している分、
皆さんの不安や疑問に
コミットできるかと思います。

◆ヘナタトゥーとは

 

View this post on Instagram

 

#henatattoo

t.ayakaさん(@t.ayaka_official)がシェアした投稿 –

「ヘナタトゥー」とは「ヘナ」と呼ばれる
植物で肌を染める施術のこと。

日本ではあまり馴染みのない植物ですが、
暖かい国では主流の植物です。

ヘナタトゥーの魅力は、
科学的な材料は一切使用せず、
天然植物のみで色付けをするところです。

下書きをせずに書き始めることが多いため、
施術者の腕で、出来栄えがかなり変わります。

施術後2~3時間で洗い流しOKです。

ヘナ
ミソハギ科の天然植物
乾燥させ粉末状にしたものが原料
赤茶っぽい発色

◆ジャグアタトゥー

「ジャグアタトゥー」の原材料は
「ゲニパアメリカナ」と呼ばれる、
有害物質が全く含まれていない天然の果物。

ヘナと比べると定着がよく、
少し長くアートを楽しめるようです!

さらに、発色が本物のタトゥーに似ているため、
「刺青は怖いけど、少し憧れる…」なんて方にもおすすめです。

施術後、7時間程度で洗い流します。
ジャグアは滲みやすいという
デメリットがあります。

汗のかきやすいところや
蒸れやすいところ(指など)には向きません。

ジャグア
原材料は天然の果物とレモン果皮油など
ヘナ同様粉を水や化粧水に溶いて使用
紺色発色(リアルなタトゥーっぽい)



 

◆どれくらいで消える?

どちらも、皮膚の表皮に色をつけます。
表皮は、ターンオーバーによって20日ほどの周期で
綺麗に入れ替わります。

そのため、どちらも2~3週間限定の
アートと言われています。

しかし、原材料の違いから、
少しだけジャグアの方が持ちが良いそうです。

ヘナタトゥー…2~3週間
ジャグアタトゥー…3~4週間

また、消えにくくするコツは、
施術部分を強くこすったり、
蒸らさないこと!

汗を掻く運動なども控えた方が良いかもしれません。

※ちなみに私は1週間くらいで消えてしまいました。

◆材料の安全性について

日本国内での施術であれば、
安全度はかなり高いです。

ヘナ・ジャグア共に自然の植物・果物から
出来ている染料のため体への害もありません。

そして、
肌を傷つけるような行為もないので、
感染症などのリスクもありません。

「害」は無い無い尽くし!!
安心してチャレンジできますね。

ただ、肌の弱い方や
アレルギー体質の方はまれに
反応が起きる可能性があります。

体と相談して下さい。

◆価格比較

ヘナタトゥー…1,000円~
(海外だと1,000円以下でやってもらえることがあります。)

ジャグアタトゥー…1,000円~

◆都内でタトゥーができるサロン

都内でもまだまだ数は少ないですが、

ヘナタトゥー ヘナサロンRãha
Galay Lagaana
(ガレイ・ラガーナ)
Nail Salon Epice
ジャグアタトゥー N.design
Avuez
(アビューズ)

数店舗ジャグアやヘナタトゥーができるサロンがあります。

ジャグアなら断然→N.design
ヘナ→そもそも旅行の際にやった方がおトク

今回私はN.designで
ジャグアを体験してきました。

それはまた今度記事にします◎

◆セルフタトゥー

ジャグアも、ヘナもセルフセットが
Amazonなどで販売されています。


↑↑↑
N.designで販売されているジャグアキット

ヘナタトゥーの場合、
筒状に形成した紙にヘナを入れて
絞り出すタイプが多いので
線が太く力加減が難しいとの
口コミが見られます。

それに比べて、
ジャグアタトゥーはこんな入れ物。

線が細くてプラッチックの容器に入っています。
両方にメリット・デメリットが存在しているので、
好きな方を選んでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

◆まとめ

ヘナタトゥーとジャグアタトゥーの違いは
お分かりいただけたでしょうか?

私は、こんな風に使い分けたいと思っています。

アジア旅行の際は現地でヘナタトゥー。
国内でオシャレしたいときはジャグアタトゥー。

ネイル感覚でコロコロデザインを
変えることができるので、
私はとっても気に入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

トートバッグでアジアを旅している人です。 月1旅行を目標に生活しています。 ◆最も好きな国「Thailand」 ◆一度は行って欲しい国「Laos」 都内在住のただの若者が 東京から旅を発信します!!